タキトータルセラピー
瀧本えり「メッセージ」

タキトータルセラピーのカウンセリングはただ、お話を聴くだけのカウンセリングではありません。あなたの迷いや心配事の根源をさぐり、あなたの気持ちが整理され、スッキリするまでサポートさせていただきます。

アーカイブ

お酒の席で酔いがまわって来ると、どうしても煙草に手が伸びてしまう事に悩んでいたCさん。

頭の中では「吸いたくない.」
「吸うのは体に悪いから吸わない方が良い。」
とわかっているのに止められませんでした。

が、やはり、先日も我慢ができなくなって、つい同席の友人の煙草に手がのびてしまって…。

そして、吸いながらまたまた

「もう本当にいや!
煙も肺に良くないし、口の中もヤニっぽくなるし…。
もう、早く止めたいのに…!」

とやめられない自分に怒れてイライラ。

そのたびに
「いったい何が私に煙草を吸わせているかわからない!」

「自分の中の何かが煙草に伸びる手を止めさせてくれない!」

などと、心の中は大荒れだったそうです。


とは言うものの、日常生活では全く煙草を吸いたいとは思わないので、
禁煙外来に通院してまでの禁煙治療は、今の自分には違うし…。

ニコチンパッチとかではない方法を模索中に、カウンセリングを受けてみようと考え始めたのことです。

「禁煙の問題でカウンセリングを受けてもいいのですか?」と心配してご連絡を下さったのですから、カウンセリングは、こういうテーマで受けてもいいのか?かなり迷われたのですね.。

勿論!大歓迎ですよ~^^
おおかたのお悩みはOKですので、まずはお問い合わせしてください。
できないことは、できないとお伝えしますから(笑)

そんなCさんが思い切ってカウンセリングセラピーを受けられました。

そして、セッション当日と数週間後のご感想をいただきましたので、WEBにアップのご了解いただき掲載を致します。

カウンセリングを終わってみると、喫煙という習慣は心の深いところでは、吸うことによって得られるメリットがあったから吸っていたんですね。
煙草を吸うことによっていいことがあった→それがわかって安心したから、もう吸う必要が無くなった→煙草に手が伸びなくなった。

とてもシンプルに解決しましたね。

Cさん、ご感想をありがとうございました。

2-24


コメントをどうぞ