タキトータルセラピー
瀧本えり「メッセージ」

タキトータルセラピーのカウンセリングはただ、お話を聴くだけのカウンセリングではありません。あなたの迷いや心配事の根源をさぐり、あなたの気持ちが整理され、スッキリするまでサポートさせていただきます。

アーカイブ

家族の心によりそうヒーリングマスター瀧本えりです。

あなたの大切な方、お子さんが…

話しかけても知らんぷりしている

昼間も寝てばかりいる

保健室への登校ではなく教室に登校してほしいのに…

イライラすると弟や妹、お母さんにも暴力をふるう

気が抜けたように抜け殻のようになっていて心配、心療内科などに連れて行こうかしら…

このままでは社会に出て行けるか不安な毎日…

などを繰り返しているという状況の時…。

周りにいるあなたは、どうしてよいかわからなくなっていませんか?

特に、身近にお子さんを見ているお母さん。

たまらなく辛いですね。

ずっと、辛かったですね…。

その辛さは、今に始まったのではなくて

これまでも、ずっと、ず~っと、辛かったですね。

そう、辛かったのは、これまでずっとです!

今、始まったことではない。

ちょっと、感じてみてください。

「辛かったね。」

と言われるのと

「ずっと辛かったね。」と言われるの。

どちらが、あなたの気持ちをわかってもらえたような気持ちがしますか?

もう一度、試しにゆっくり

「辛かったね。」

「ずっと辛かったね。」

自分自身に言ってみて下さい。

「ずっと辛かったね。」

こう言われたら

「そういえば、そうね。」

「そうそう、ずっとこの辛い気持ち我慢してたんだよ!」

「どんだけ年数が経っているんだっけ?」

「ああ、でもようやく解ってもらえた…」

「長い間、がんばっているんだ、私…。」

と、あなたの気持ちをわかってもらえて、少し心が緩んだのではないでしょうか?

そう言われて、身体に入っていた力が少し抜けたり

思わず、だ~!っと涙が出たり・・・。

しませんでしたか?

これ、あなたのお子さんも同じです。

もしも、あなたがお子さんが

感情的になって、泣いたり怒ったり、感情が高ぶった時に

「そっか、悲しいんだね。」

の後に

「本当は、ずっと悲しかったんだね。」

と言ってあげたり

「そっか、怒れるんだね。」

の後に

「本当はずっと、怒りたかったor怒っていたんだね。」

など声をかけてあげたら

(ギュッ!とハグで来たら尚、素敵!)

「ああ、ようやく自分の気持ちを(少しは)解ってもらえた…。」

と、それまでのイライラやプンプン!ムカ~!と

高ぶっていた気持ちが少しずつ減っていきます。

固く閉ざしたお子さんの心に少しづつ近づいてゆけます。

今日もあなたの大切な方の心によりそう1日を~☆

d

 

メルマガ登録はこちら

今日も一生懸命生きているあなたを応援しています♪

 

 

☆お悩みの解消についてはこちら

 

あなたのひとポチのおかげです^^♪
↓↓↓

家族・友達・サポート ブログランキングへ


コメントをどうぞ