タキトータルセラピー
瀧本えり「メッセージ」

タキトータルセラピーのカウンセリングはただ、お話を聴くだけのカウンセリングではありません。あなたの迷いや心配事の根源をさぐり、あなたの気持ちが整理され、スッキリするまでサポートさせていただきます。

‘ビリーフチェンジセラピーについて’ カテゴリーのアーカイブ

ボイストレーニングに行ったら先生が貸して下さった本、面白そう~♪

12043051_968647966553494_7848042777696679498_n

先生のチョイスは、いつもワクワクさせてくれるんですよね。

先生、ありがとうっ♡

この本、まだ斜め読みですが、身体が脂肪を溜めて、亀の甲羅の中に自分の身を隠そうとすること。

あるいは、拒食してやせ細って身体の存在を消そうとするのも、元は同じ。

恐れや悲しみ、渇望、怒り、うらみ、などのような負の感情が身体に脅威の存在を伝え、

安全ではない事を知らせるが故に、身体は安全を求めて肥満や拒食を作りだす、とのこと。

そうね~。

こういった事に対して私たちのできる事としたら…。

まずは、自らの感情が原因を作っているのだから、その感情から解放されると決める。

そして、太る事や拒食で安心を作るのではなく、安心は自分の中に既にある事に気がついてゆく。

(ここはとても丁寧に取組んで)

そのプロセスを通してゆくことで、真の自分を知りながら、変化してゆくのですね。

いつも何かが「ない、足りない」という必死に探しまわる緊張感から、

「私には既にある、足りてる」という、何とも身体から力が抜けるような。

言葉にしにくいのだけれど、何となく胸の辺りがホッとしたり。

ずっと思い込んでいたことがそうではなかったって気がついた時のスッ~っとした安堵感というかね。

こういう感覚が、どうやら私たちを物心ともに豊かにしてくれると感じる今日この頃。

そこ、大事にしたい。

読み進めていくと、何が書いてあるのだろう~?

本との出会いによって人生も豊かになりますね♡

3か月後のあなたに笑顔がもどる!

心と身体の免疫力が上がり、歩くように生きていけるカウンセリング

お申し込みはこちら

スマホで見るHP


「体調を崩している旦那さんに

腹が立たなくなりました。」

o0320024013494006149

「しかも、旦那さんの為にフルーツを剥けた自分に拍手!」

と、前回から今日までの変化を報告して下さった、クライアントさん。

「薬もね、『何個のむって書いてある?』なんて聞かれたら。

今までだったら、そんなの自分でやって!』って思って、スルーしてたのが、箱を見て『はい、○個。』って渡せたなんて!

もう、そんなことできた自分に拍手です‼︎」

って言いながら、過去の自分を、もう今となっては、笑い話しのように大笑いで話してくださったクライアントさん(笑)

嬉しい報告ありがとうございます。

例えば、あなたの心が広大な円で、厚くて暗い雲の層に取り囲まれていると考えてみて下さい。

あなたには、自分がその円の外側のかなり離れているところにいるように思えているので、その雲だけしか見えていないのです。

それに、あなたにはその雲だけが、唯一の現実に見えます。

だから、あなたは雲を通り越してその先には行こうとしないのです。

どうせ、無理、できっこないって思っているから。

が、このクライアントさんは、前回、雲を通り抜けてゆく決心をしました。

心の中で、覆われていた雲に手を伸ばし、触れ、自分の手で払いのけようとし、

雲を通り越してゆく時に、自分の頬に、額に、まぶたに雲が触れるのを進んで感じたのです。

自分の身体と心からの声を信じ、努力と決心をした。

そして、そんな瞬間を経て、自分の人生の流れに大きな変化をもたらすこととなったのです。

クライアントさんと心を丁寧にひもとかせていただくとクライアントさんにはたくさんの発見があり、そこに隠していたご自分の感情に気がつきます。

そして自分の感情に気がついて、「あー、私ってこんなこと感じでいたんだ」

と、気がつくと、そこから離れてゆくことができ、日常生活でもご自分の変化を感じたりします。

そして、家庭において自分が変化すると、夫や子どもが何だか変わったわ、となるんです^ ^

私達の人生って、起こるんですね。

こんな素敵な変化が(*^^*)

スマホで見るHP

パソコンで見るHP

◇無料メルマガ◇「独立脳トレ」登録はこちら

あなたに笑顔が戻ると、家庭にも笑顔が戻るんです♡


お母さんが変わると子どもも変わる!!
カウンセラーの瀧本えりです。

先日のカウンセリングセラピーのクライアントさんからの声が届きました。

シェアOKとの許諾をくださったので、ご紹介しますね。

カウンセリングを受けようと思ったきっかけは、

これまで紆余曲折あって、

家族に対する怒りが

胸の中に滞っているのを感じていました。

もうそろそろ怒りを手放し、

自分の人生をポジティブに

捉えるようになりたいと考えました。

実際受けると…。

正直受ける前は、

どんなことやるのか

見当もつかなかったのですが、

想像以上にシンプル。

理路整然として明快でした。

そして、想像以上に大事。

セラピーが終わった今は、

自分を中心に温度が戻ってきて

自分が一致した感じ。

今まで知らない自分と会いました。

ここまで自分の貯まっていた感情を出すのは、

自分1人では無理だったかな…。

他者という所が大切で、

瀧本さんにお願いしてよかったと

実感しています。

もう、今は身体が温かくて・・・。

思わず、

子供の頃の自分に

「生きているのが楽しいね!」と

言っていました。

ー翌日のメールにてー

昨日はありがとうございました。

いまだに体の中心に、温度があります。

心の思いがけない柔軟さと、

思った以上の根深さに

びっくりしています。


ありがとうございました!

他のお客様の声はこちら

今日も一生懸命生きているあなたを応援しています♪


 

家族の心によりそうマインドヒーリングマスター瀧本えりです。

先日コーチング4回目を受けたクライアントAさんの声です。

Aさんは始めてお会いした時に

「これまでコンプレックスまみれで、いろいろなビリーフにがんじがらめになって生きて来てしまいました。

 

生活をする面などをはじめとして、この年齢の女性としてふさわしい成長ができているとは思えません。」

とおっしゃっていました。

*ビリーフ=価値観、思い込み、信念など

このAさんは自分の色々なところで

「今の自分ではダメ」と思い続けてきたのですが、

 

事実は常にダメ出ししていたのは自分ではなくてお母さんだった事に気が付き

「ありのままの自分」でいいと、素の自分にダメ出ししなくなり

変化が起きてきました。

 

 

以下、承諾をいただいて掲載いたします。

 


☆ Aさん 派遣・販売員 40代

先日は、お世話になりました!!

 

いつも本当にありがとうございます。

私は、いろいろと理想が高く(^^;)、行く先もまだまだ手探りですが、

タキさんという心強いコーチとともにこの大事な日々を歩めることに心から感謝しております。

本当によかったと思っております。

 

(中略)

一言で言うと、私の中で、『自尊心』が高くなったのでは?

ということが一番嬉しいです。

 

(セラピーの効果かなと思いました)。

幸せな恋愛や結婚をするために、(変なプライドの高さとは違う)『自尊心』はとても重要だと感じるからです。

 

うまく言えないのですが、たとえ○○さんであっても

「私を選んで~!!(>_<)」という、すがるような悲壮な気持ちではなく、

「私はあなたを選びます。

しかし、あなたが私を大切に思わないならば、私はあなたを選びません」という、

凛とした心持ちで向かい合っていけるような

また、そうしていきたいと自然に思えました。

 

そういえば、タキさん、藤枝のセッションルームのカレンダー、今月は、美しい青い蝶がお花に近付いている絵でしたね?(*^_^*) 

私も、あの「青い素敵な蝶」のような

男性に飛んで来てもらえるような女性になりたいとしみじみ思いました() 

 

Aさん、ありがとうございました!

Aさんがおっしゃっている自己重要感は、これを読んでいるあなたにとっても、

大切な方、ご家族、お子さんとの心の距離を縮めて、心によりそう為に、とても大切な要素です。

お子さんに限らず、結婚も社会生活も、私たちが生きていくのに避けては通れない、人と人とのかかわり。

つまり、人間関係を育てていく中で、自分にダメ出しせず、自分を大切にする。

自分の価値を値引きせずにいる事は心の安定につながりますから。

 

母としての前に一人の人間として、心の安定が大切です。

o0259019412958394424

 

 

今日も一生懸命生きているあなたを応援しています♪

☆お悩みの解消についてはこちら

あなたのひとポチのおかげです^^♪

↓↓↓

家族・友達・サポート ブログランキングへ


カウンセラーの瀧本えりです。

今日は、前回からの続き。

事情により、息子さんと離ればなれで暮らすことを余儀なくされたTさん。

息子さんに、

『あなたを捨てた訳ではないよ。

いつでも味方だよ。

そして、これからも相談にのるよ。』

というようなことを、今の私では、どんな風に伝えたら良いのかわからない。

伝えられない自分が苦しいということで、カウンセリングセラピーに。

途中、就職されたりしてお忙しく、しばらく来られない期間もありました。

でも、心の底から変わりたい!というお気持ちが約1年後にはこんなに変化を起こしてくれました~♪

Tさん、Webに掲載の許諾をありがとうございました!

カウンセリングセラピー体験談 その2ずっと自分というものが、なんだかわからなかったのが、11月、12月に、集中して来させてもらって変わりました。なんて言うか…。

それまでは、自分の存在を「いなくてもいいのかな」という感じがあって生きてきたけれど、自分で考えてやっていいんだということがわかったんです。

自分にも存在価値があるんだと、最初の2ヶ月で分かったような気がします。

それから、今までは、思ったり感じたりしても、とくに傷つくこと言われたりしても、イヤだという気持ちを表せなかった自分でした。

でも、カウンセリングを受けて「自分は怒ってるんだ!なんでそんなこと言うんだ…」というような感情を持っていいんだということがわかり、前よりも感じるようになりました。

あの最初の2ヶ月のカウンセリングが終わって、ここ(目の前に30cmくらい)しか見えてなかったのが、周りが見えるようになって視野が変わったって、思います。

性格まで、何かがかわったような気がしたから(笑顔)

その後、再就職も決まりました。

二十数年間ママ友たちとのお付き合いがほとんどで、嫌な人には会わないように、自分でセーブしていけばよかったのですが、そうは言っていられなくなりました。

職場(15~6人)の人と働き始めて、いろんな人がいると痛感させられました。

現場で、助け合いながらいかなければならないし、慣れないうちは困りました。

特に、周りから「あの人きついから」といわれているある上司と同じ空間にいるだけで怖くて怖くて大変で…。

思い余って、「自分はああいう言い方されたら、人間としてはダメと感じるので、ここをやめたい。」と部長、店長に一度言ったことがありました。
(その時は、思いとどまりましたが)

でも、その後もカウンセリングを受け、自分の受け止め方が変わったようです。

「上司の言葉は、自分を否定しているのじゃない。」と、受け止められるようになって、怖かった上司とも、距離が縮まっていける関係になりました。

もう今は、二人の空間で仕事するのが平気になったんですよ。

この前は面接で、その上司から、「後々には指導者の係りになってほしいので、そのために指導している。」

と、期待をされている気持ちを言われ、「どう受け止めるか自分の受け止め方によって、人間関係って違うんだな。」と痛感しました。

今はその方とも(つっけんどんな喋り方でも平気になり)ちゃんと付き合えるようにいい関係になれています。

それから、今までは、毎日息子に手紙を書きたいと思っても、「今日も出来なかった、今日も出来なかった…。」と毎日追い込まれ辛かったです。

が、今は「仕事で疲れちゃってできなかったねー。出来る時にやろうかな。」と思えています。

これは、カウンセリングを受けたから乗り越えられたと思います。

だめな自分しか考えられなかったのが、「そうじゃない。自分自身も重要な人間だ。」とわかった。

セラピーに来て本当によかったです。

(Tさま 40代 ・アパレル)

私はクライアントさんに向き合う時。

いつも念頭に置いている強い思いの中に、「人は変わる!」があります。

Tさんのように、あきらないで自分を変えていくことは一人では大変かもしれませんが、方法を知れば可能です。

現在Tさんは、いつか息子さんと会って自分の気持ちを伝える事を目標に。

そして、いつでも息子さんが会いたくなったら帰ってこれるマンション準備のためにお勤めを頑張っておられます!!

今を一生懸命生きているあなたをココロから応援しています♪

 

images

 

 

 


カウンセラーの瀧本えりです。

カウンセリングに来始めたあの頃は、自分っていうものが何だか分からなった。

自分っていなくてもいいかな。という感じがあってずっと生きて来ました。

でも、最初2ヶ月間集中して来させてもらって、その間に、自分で考え自分でやっていいんだと思うようになりました.

(中略)

今日のカウンセリングが終わって自分自身も重要な人間だとわかりました。

カウンセリングに来て本当に良かったです。

上記のお声。

本日のクラアントさんから頂いたほんの一部です。

約1年前にいらしてから、10回のカウンセリングを重ねました。

途中から就職が決まり、来られない時期もありましたが、今日は、最終回。

ホワイトボードにクライアントさんの思い込みを書いて、紐解きながら進めましたが、これは、先日東京の講座で私も受け、ドーンと自己重要感が上がったワーク。

笑顔で帰って行かれました。

これからもクラアントさんの素敵な笑顔の為に、この手法も取り入れて行こうと思います(^ ^)

にしても、こんな風に変わっていかれるクラアントさんの人生に関わらせていただける私は、しあわせダナー(^_^)vってじんわり。

家ビールしながら、トロン〜としちゃう私です♪

*ホワイトボードのWeb掲載は、クラアントさんの承諾を頂いています。
ご許可下さりありがとうございました。

$婚活うつ、婚活恐怖症の解消カウンセリング


もしも。
もしも、あなたのお子さんが…

・学校で友人関係に悩んでいる様子で元気がない。

いつも精神的に疲れてグッタリしている。

・登校しても教室に入って行けなかったり、保健室登校や早退を繰り返す。

・学校で常に緊張していて給食を食べられない。

・ある日を境に、学校に行けなくなった。

・学校に行ったり行けなかったりを繰り返している。

そして…

・不登校が続いている。などだったら…。

どうでしょうか?

母親として、ここでおおよそ3つのパターンに分かれます。

1つ目は…

「どんなことがあっても、大丈夫!
お母さんは、例え今、あなたが学校に行けても行けなくても、どちらの
あなたも愛しているよ。」

と大きくドーン!と構えてそのままの子供を愛して、信じ、見守っているパターン。

2つ目は、学校に行けないことがとっても心配。その心配が高じて
「このままずっと学校に行けなくなったどうしよう…。」
「学校に行けない事で、この子がいじめられたりたらどうしよう…。」など

ついついネガティブな想像を続けて不安になってしまうパターン。

そして、3つ目は、もともと子育てに関心を示さないパターン。

あなたは、どのお母さんになりそうですか?

さて…。(ここからは事実です)

最近、わが子が学校に行きにくくなって、欠席が増えてきた。

登校しても早退や保健室での時間が多い。

また、帰宅後とても疲れているお子さんの様子を心配したお母さんのMさん。

そして、なにより心身共につらかった●学生の◎◎さんご本人が、お二人で
カウンセリングにいらっしゃいました。

10月初めのことでした。

そして、その後約1か月。

カウンセリングを受ける→日常生活(学校生活も含む)をおくる→カウン
セリングを受ける

を繰り返しながら、お母さん(2回)、お子さん(6回)それぞれにカウンセリン
グを重ね、かなり改善したので先日終了しました。

お母さんのMさんがカウンセリング最終回の時に、これまでのお子さんの変化
と嬉しい今のお気持ちなどあわせてご感想を下さいましたので、ご紹介いたし
ます。

子供の学校でのことに悩んでいました。

身近な方から「こういうカウンセラーさん
がいるよ」と紹介されたので、ブログを読んですぐに申し込んだんです。

一番辛かったのは1学期。

6~7月の登校日数は、3日休んで次の日登校。
でも、登校しても保健室にいたり、早退という状況が続きました。

で、この頃は登校できた日でも、家に帰ると疲れのせいかグテっとして
私が仕事から帰るとよく寝ていました。

(今では、テレビを見たり、おやつを食べたり、PCをいじったりと、普通に起きていて好きなことをしていますけどね(笑)

実は、タキさんのカウンセリングに行くしばらく前に、ある臨床心理士
さんの所でカウンセリングを受けたんです。

でも、その方からは、「いじめは無視するしかない。学校は辛かったら
休んで。」と言われたので、

「ちょっとここ(のカウンセリング)は???うちには合っていない…。」
と思ったんですよ。

他にもスクールカウンセラーさんからは「(その状況で)よく(頑張って)
学校に来ているね。」と驚いたように言われたりしたって子供から聞いた
こともありました。

思い返すと、そうですね…。

始めてタキさんのところに行った頃(9月始め)は、子供は「クラスが怖い。」
って言っていました。

今では「もう教室に入るのが怖くない。
もし怖いと思う人がいたら(カウンセリングの事)教えてあげる!」と子供の口
から出る位までになりましたけれど(笑)

この約1か月で、子供はずいぶん、いえ本当に変わりました。

9月、10月は体育祭や合唱コンクールなど学校行事も短期間に集中していたんです。

なので、体育祭に行けるのか?コンクールは学校の体育館ではなくて、大きな
ホールだったので、はたして行けるのか?行ってもステージに立っていられるの
かしら?とあれこれ心配でした。

でも、体育祭も行ったし、合唱コンクール本番
ではその前にいろいろとありましたが乗り越えて、ステージではノリノリで歌っ
ていて、こっちがビックリするくらいでした(笑)

そういえば…。
カウンセリングを受け始めて、わりとすぐに(1,2回が終わるころから)変わり
だして、登校日数や学校の滞在時間が増えましたね。

10月は前半に4日間休んだだけで早退は1日もありませんでしたし。

表情も明るくなって、学校では担任以外の先生や、部活やクラスが違うのに
友達が寄って来て、

「今までは声をかけられる感じじゃなかったけど、雰囲気変わったね。」と言わ
れたって言っていました。

あと、音楽つながりで3年生の先輩と仲良くなったり、しゃべりかけられる
ことも増えたよ、とうれしそうに私に話してくれたこともありました(笑)

学校の先生からも「廊下とかクラスで楽しそうに話していますよ。」と言われた
り、どんどん明るくなった子供の様子を見て安心できるようになりました。

私自身は、子供の事が心配で眠れない日々が続いていたんです。
でも今は、以前からのお薬も飲みながらですが、ちょっと前よりもよく眠れるように
なりました。

それに、ずっとあった不安感が減り、「もう、うちの子供は大丈夫!」と思えるよ
うになりました。

Mさん、掲載の承諾をありがとうございました。

お子さんの変化は、身近なお母さんやおばあちゃまもすぐに感じられたと伺い
ました。

そして、学校でも先生や同級生や、先輩たちもすぐに変化を察知して、女子も
男子も気軽に話かけるようになる。(これは無意識のうちに察知するんですが)

すると、お子さんも嬉しいし、自信もついてくる。
という、この繰り返しがどんどん重なっていきました。

「◎◎が、カウンセリングを受けてすごく勉強になった!って言ってました。」
と笑顔でおっしゃったお母さん。

お母さんの不安感が子供の不安を作りだしていくことに気が付かれましたね。

ところで、◎◎さんの学校生活を現場で見守っていて下さる方が、メールを下さ
いましたので合わせてご紹介いたします。

◎◎さんが見違えて元気になっていく姿を見て瀧本さんのおかげだと感じ
ていました。本当にありがとうございました。
(頂いたメールをWebに掲載していいですか?と瀧本が聞きましたら)
私のこのメールがお役にたてるようでしたらうれしいです。ぜひ、使って
ください。◎◎さん本当に元気になりましたから。食事(給食)もとれるようになりました。
ありがとうございました。

給食も食べられるようになったんですね!!

いつも給食は友達に食べてもらったり、返却したりだったそうでしが、それは
本当に良かったぁ~!!

今を頑張って生きているあなたを応援しています。

カウンセラー 瀧本えり


カウンセリングでどんなことが解決できるの?

 

2-23

 


ビリーフチェンジコーチングのタキです。

新築の住宅をお借りした
先日のイベント「おうち日和」で
沢山のママ&子供たちと一緒に
一日を過ごしました。

その様子はこちらから

無邪気な笑顔の写真も
いっぱい撮らせていただきました♡

会場だったお家は
窓が沢山あって光がたっぷり入り
風通しも良く、開放的で
デザインもスッキリ、今風のお家。

もちろん
雨風、熱い太陽から家族を守るという
建物としての役割は
十分果たしてくれます。
だからこそ、お子さんをお持ちの
親としては
こんな素敵な
マイホームを購入して
安全安心が保たれた環境の中

子供たちの無邪気な笑顔を
これからも引き続き見ていたいな~!

成長していく時間を楽しみたいな~!
守りたいな~!
子供たちや家族の笑顔が絶えない
温かい家庭を築きたいな~!

と感じていたのは
私だけではないと思います。


(魔法のことば作りのワークでは
そんなあたたかい
ママたちの望みが沢山出てきましたね


ところで
日ごろの私の仕事は

自分に自信がない。
人間関係がうまくいかなくて困る。
人と話す時に緊張して思うように話せない。
人見知りがあり、講座などに出ていきたいのに行けない。
自分が嫌い。
イライラ、モヤモヤしている。
しょっちゅう落ち込む。
親子関係が悪くて苦しい。

などの悩みを
根元から改善解消していくことです。

それら解消改善のためには
多くの場合、かつて親や兄弟など
深くかかわってきた
肉親に対して

どんな気持ちを持っていたか?
その人達とどんな会話や
かかわり方をしていたかを
ひも解いていきます。

そして
そういったクライアントさんに
第三者として冷静に接していると

クライアントさんが子供だった頃に
身に着けた(覚えた、学習した)
親のものさし(価値観)
今も現実を判断していることによる
苦しさや辛さ、

「××してはいけない」
「××であってはいけない」
「××でなければならない」などの

などの思い込みが
浮上してくるのがわかります。


なので、クライアントさんにとって
もう大人となった今は
それは必要のない思い込みだということに
気が付いてもらい
(と言うか、自ら気が付いていきます)
その思い込みを

「もう私は××していい」
「私は××でいい」
「私は××でなくていい」
と書き換えていくのです。

ところで今日は、お家つながりで、
家庭の役割。

特に親の愛情について考えてみましょう。
(以前一度取り上げたテーマですが
改めて書き直しました)

さてさて、
セラピーの現場では、
親が子どもに対して良かれと思い与える愛と、

受け取る側の子どもが感じる
親からの愛の違いをたびたび
取り扱います。

では「親の愛情」ってなんでしょうか?
多くの親たちは
子どもを自分たちの都合でつくるものです。

(え?!そんなつもりじゃない!って、
思ったかもしれませんが
ちょっとそのまま読み進めてみてくださいね)

私もこの仕事を始めてから
知ったので、思い返すと、

(私も、もう社会人の2人の子供がいますが)

実は「そんなつもりで子どもを作ったんじゃない!」とは
とても言えない自分に気が付きました。

多くは、
「子供は産むものだから」
「家族を作るのはあたりまえだから」
「年をとってからさみしいから」
「授かったから」
「後継ぎが欲しいから」
「周りから期待されていたから」

(くれぐれも、
すべての親がそうではありません)

など自分たちを中心に考え、
産んだ方がいいかどうかを
本当に子どもを中心にじっくり
考えることは少ないのです。

このようにして生まれた子供は、
無意識のうちに大人の心理的欲求を満たすために
生きるようになったり、
道具として扱われたりしてしまう場合がままあります。

親の子どもへの愛情のように見えても、
実は親が自分を愛して欲しいから
溺愛するということもあります。


親の愛とは本来、
報酬を期待しない、
無条件なものです。


何かができたらOK、
できなければ
NG

という条件付きではありません。


子どもの為だと言って、
子どもにぎゅうぎゅう圧力をかけるのは
本当の愛ではありません。

また、子どものしたい事を
全部させる甘やかしも
本当の愛ではないですね。

それから、
自分が充分に(心理的に)
満たされていないと、
無意識のうちに子供に期待してしまいます。

そして
それがどんだけ子どもの心に制限を作り、
子どもの人生に影響しているかにも、
気がつきません。

 

 

ところで、
今、もしも親の立場であるあなたが
自分自身を振り返り、

 

真の愛情を得られなかったと
思える場合は、

あなたの大切なお子さんの為にも、
意識的に自分で自分に愛を与え、
自分自身を大切にしましょう。

もちろん、
親をしていないあなたも、
自分自身に愛を与えることは
大切なことです。

自分自身の心が
あふれんばかりの愛に満たされると、
そのあふれた愛は
他者の為に使うことができます。

まずは自分を愛すること。
自分を大切にすること。

もし自分のことを
大切にする方法が分らなかったら・・・

只今無料メールセミナーで、
その方法を分かち合っていますので、
ぜひ登録して下さい。

毎日10時半ごろ、
7日間、メールセミナーがあなたの元に届きます。

[ちょっぴり自分を大切にする3つのマジックフレーズ]

登録はこちらから→

http://bit.ly/1aSCVUj

 

 

今日もご訪問ありがとうございました。

 


おはようございます、タキトータルセラピーの瀧本です。

 

最近セッションに関して
お問い合わせを続けていただいていたり、
クライアントさんに接していて
とみに感じることがありますので、今日はこの場でシェアいたします。

 

と言っても、
これまでにいただいたいくつかの内容をまとめたこと。
どなたか個人を特定しているものではありませんので
どうぞご安心ください。

ではまず・・・。

母娘関係で悩んでいらっしゃる方で、
カウンセリングやセラピーの専門家のところに行って相談しようか?
どうしようか?
と迷う方、たくさんいらっしゃいます。

 

最近こそカウンセリングと言う言葉も
よく耳にするようになりましたが、
ほんの少し前までは何か特別な所。

病院よりもハードルが高いと感じていらっしゃる方がほとんどです。

 

確かに心身共に元気だったら、通常は縁のない所ですからね。
その気持ちもわかります。

 

 

かつての私もそうでしたし(笑)

「決心するまでに時間がかかったんです。」
「予約のメールをするのにすごく勇気が必要でした。」などは
クライアントさんも後になってから、
正直な気持ちを打ち明けてくださいます。

 

 

そう、そんな風に迷ったり、躊躇したりするのは
あなただけではないのです。

 

 

そして、ほとんどの方は
カウンセリングに行ってみたいと思ったり、

 

 

なんどもメールを書きかけたりしても、
実際の行動を起こしてお会いするまでに至る方は少ないのです。

 

 

ですから、勇気をふりしぼって、
解決しようとすぐにでもメールを送信しようと今この時
行動を起しているあなたは 本当に素晴らしいのです。

 

 

そしてだからこそ
そんな本気のあなたを私は全力で集中してお話を聴き
最善のセッションを目指しています。

 

☆とても迷ったけれど、カウンセリングセラピーを受けてどう心が変化したか?
受けた後どんな様子だったか?など
許諾を得てその声をアップしています。

クライアントさんたちの ご感想はこちら

↓↓↓↓

・http://bit.ly/11ZgaIr
「父を素直に受け入れられるようになって…とYさん」
・http://bit.ly/10goLJt
「 Yさん(30代女性・専業主婦)のビリーフチェンジセラピー体験談」
・http://bit.ly/12li8li
「だれとでも笑ってすごしたい」
・http://bit.ly/19lrl6T
「仕事前の過食はもうないと思います」

 

 

21

 

 


 

引き続きYさんのカウンセリングセラピーとコーチングの様子をシェアいたしますね。
Yさん、webに掲載の許諾をありがとうございました。

☆事前カウンセリングの様子は→こちらから

 

 

=Yさん(30代・主婦)==

Q1. 初回から9回までカウンセリングセラピーを受けていた期間どんな気持ちの変化がありましたか?

・前半
自己否定が強く、家からなかなか出れず、鬱な状態でした。
1回目が終わって、人と会うのが前ほど怖くならないのを感じました。

 

 

・中盤
朝起きて落ち込む日もありましたが、
段々と自己否定が少なくなり、簡単なアルバイトができるようになりました。

5回目で恐怖感、不安感がなくなってビックリしました。
食事の支度ができなくて困っていたのですが、する気が出てきたし、感謝の気持ちでいっぱいです。

反面まだ、時々職場で(陰口を言っている )困った人たちへの対応がうまくできなかったり、
親族とうまくやりたいが敵視してしまうところがまだあります。

でも、これからもっと自分のことを見て、誉めて自信をつけていきたいと思います。
こんなに早く変われるなんて、本当にうれしいです。

 

 

・後半

元にもどった感じがあった時期もありましたが、
今はもう、意味のない不安感、さみしさは減っています。
何か人の為になることをしたくなってきました。

 

「(今日の)洋服をどうしようかなー」と選ぶ余裕ができた。
久しぶりに会った友達と楽しく過ごせた。

 

ずっと鏡も見たくなかったし、お化粧もしたくなかったけれど、
する気が出てきた。
など沢山の変化を感じます。

 

父と母が調子が悪いのだけれど、今までだったら「どうしよう…」
と不安になっていたのが「苦しければ休みなよ」と客観的に言えるようになって楽になった。

 

特に、お父さんを素直に受け入れられるようになって、
お父さん自身も(病状が)危ないのに
「ありがとう。」と言ってくれるようになり、父を肯定できたです。

 

親って、100%ではないし、100点満点じゃないって受け入れる気持ちができた。
また、お母さんが「Yちゃんがいてくれて良かった」と言ってくれるようになったりと
私が変わってきたら周りも変わってきたみたいです。

 

今のままの自分で十分、価値があるんだ。と、自分を肯定することができた。
周りと自分をあまり比べなくなった。
人付き合いも楽に考えられるようになった。

 

まさかこの4月に、お花見に行けるようになるとは思いませんでした。
(前のところは<他の民間療法>3年以上通っていたのに)
本当にありがたいです。

 

 

Q2. もしこのセラピーを勧めるとしたらどんな人に何と言って勧めたいですか?

・どんな人に?
いつも何処か、さまよって抜け出せなくてつらい人。
1人じゃないけど解ってもらえないと思っている人。

自分て愛されないから価値無いと思っている人。
自分の殻から抜け出せない人。

自分を肯定できなくて、周りと溶け込めない人が
自分の価値に気が付いたら変わるって知って欲しいです。

それと、 過去のトラウマに苦しんでいる人。
自分を変えたいけど、変えられなくて悩んでいる人。
鬱の症状がある人も。

 

 

・なんと言って?
このセラピーを受けると、鬱の症状が改善するし、過去のトラウマから解放されます。
自分自身を認めてあげられるようになり、生き方がとても楽になります。

私はひどい時は、明るいのがうっとおしくて布団かぶっていたのが、今は友達との交流が増え、楽しいです。
さみしさや自己否定の気持ちが無くなって本当に良かったです。

 

 

Q3その他お感じになったことをご自由にお書き下さい。

ビリーフチェンジセラピーを受け、今まで自分が苦しんでいた思い込みから解放されました。

今思えば、私は昔の出来事、思い込みから自分自身を苦しめていました。
しかし、自分ではどうすることもできずにいました。
でも、このセラピーを受けて、今までの悩みから解放されました。

現在も悩むことはありますが、自分自身のできたことやプラスなことを探して、
立ち直れるようになりました。

 

 

Q4.最終回でコーチングを受けた前と後の変化には、どんなものがありますか?
学んだこと・気づいたこと、その他お感じになったことを自由にお書き下さい

9回目が終わってその後、父が退院して介護が始まりました。
退院はよかったのですが、母と祖母のめんどうもあるし、
その中にいると、すんごくネガティブになってしまって
ずいぶん気持ちが楽になっていたのに、また引き戻されそうになりました。

最後にコーチングを受けて、以前は自分を否定することしかできなかった
のが、今の自分でいいやと思えるし、
自分の考え一つで、楽しく生きていけると思えるようになりました。

人の心は、自分自身の思い込みにとらわれてしまうことがあり
それによって、人生が生きにくくなってしまったりする。
けれど、本当は、自分の考え方次第で
今までの生き方のパターンを変えられるんだと思いました。

しかし、自分の力だけでは変えることは難しいので、
それをサポートしてくれるのがセッションだと思いました。
瀧本先生、本当にありがとうございました。

=ここまで=

 

 

Yさん、どうもありがとうございました。

また、最後までお読みくださったあなた。
ありがとうございます。

☆タキトータルセラピーは毎日を一生懸命生きているあなたを応援しています☆
愛と勇気と感謝を込めて
瀧本えり

25

☆心が軽くなって人生が変わるセラピーを受けてみたい方は→こちら

☆心を楽に夢をかなえたい、目標達成を加速したい方は→こちら

 

Yさんの事前カウンセリングの様子は→こちらから