女性専門心理カウンセリング、母娘(おやこ)問題解決セラピー

タキトータルセラピーお悩み、問題解決の専門家

ご予約、お問い合わせの電話番号は054-374-3143です。受付時間9時から19時まで、火曜日定休です。

mark_brown_04.gifお客さまの声

  • お客様の声はご許可いただいた方のみ掲載しています。
  • 多くの方にお喜びいただいております。お客様の生の声をご紹介します。

「すごく気持ちが自由に、解放された感じがしました。」
「W様 30代女性 パートタイマー」
business_woman_walk.gif私は、現在結婚7年目。市内マンションで夫と二人暮らしです。
夫はサラリーマン、現在私は、昼間は事務系のパートに出かけています。
実は今度、夫の仕事の都合で転勤の内示があり、またマンション住まいになる予定なのですが、それについて、もう我慢の限界が来ている事があり、なんとかしたいと思いPCで検索をしていたところ、タキさんのホームページやブログを見て、瞑想やヒプノセラピーが何か良い方向にさせてくれそうな気がしたので、まず瞑想レッスンに申し込みました。

瞑想レッスンでは、帰りがけにタキさんと話をする機会があり、「以前からイヤな思い出が忘れられなくて、何度も思い出してはイヤな思いをし、とても悩んでいる事がある。」という事や、仕事の事やその他、いろいろと話しをしました。
タキさんは、そういった悩みをとても真剣に聞いてくれ、悩みの原因がどこにありそうかを教えてくれたり、その他私からの質問にも納得するまで答えてくれました。それで、同じ女性同士ということや、安心感があったこと。
他にも、ブログをよく更新していて、その文章から信頼できそうで、何でもうちあけられそうな感じがしたので、セラピーを受けてみたくなりました。

私の相談内容ですが詳しく言うと、
以前から「音に対して反応してしまう。」という悩みでした。
日常の生活の中では、たとえば、私が住んでいるのはマンション3階ですが、部屋で本など読んでいて夕方になると、階下の住人が帰宅します。
それで玄関のドアが開く気配がすると、子供の「ドタド~タ!!」といきなり室内を駆け回る音がし、それがどうしようもなく耳につくのです。
小さい子供さんなので仕方が無いとはわかっているのですが、その音が3階まで響き、階下の玄関が開く気配がする度に、「あ~、また子供がドタドタ駆け回る音がする~ぅ!!」
と耳を押さえたくなるほどになるのです。これが帰宅時だけならともかく、子供が部屋を移動したり、親のところに駆け寄ったりする度にドタドタという音が心臓に響き、動揺と同時に、親の無神経さに憤りを感じるほどでした。
しかも、数か月後に転勤があり、同じようにマンションに住む予定なので、もし、また階下に子供さんがいて、その足音に悩まされると思うと、とてもとても憂鬱で仕方がありませんでした。
その他に、身近に何か物が落ちて、壊れるような大きな音や、工事現場の音、
大きめの声などが聞こえるたびに、必要以上にビクッ!!としてしまい、イヤ~な気分になってしまっていました。

セラピーでは、まずカウンセリングで私がどんな状態なのかをお話しました。
するとタキさんから、今の私のそのイヤ~な気持ちと同じような感覚になったのが、いつ頃かを聞かれました。
私は、そういえばその気持ちは小学校の3年生の頃だった様な気がしたので
そう答えながら目をつぶっていると、その頃の記憶がどんどんよみがえって来ました。
その後、タキさんの誘導で、姉と父のケンカのシーンでは、姉が父に追いかけられてドタドタと逃げ回るシーンや、父のどなり声、そのどなり声は自分に向けられているのではないのに、まるで自分が怒鳴られているような気がして怖かったり、今度は自分自身が怒鳴られるのではないかと、部屋の隅に身をひそめてじっと隠れていたり、父の怒りで家族がバラバラになるのではないか、と激しい恐怖を感じている自分を思い出し涙があふれてきました。
他にも、何が原因かはわかりませんが、父が食卓にある食器などを手でガシャーンと払い落としたり、自分がおしおきをされるシーンも思い出されました。
その後タキさんに、今度は父が目の前に座っているようなシーンに誘導され、私は父に向って、いつも思っていた気持ち「そんなに怒らないで!」を言うと、
父は、怖がっている私の姿を見てもそっぽを向いている父と、我に返って、
「ごめんね。驚かせて悪かったよ。もう、なるべく怖がらせないようにするからね。」と言っている父と、相反する二人の父がいました。
私はそっぽを向いている父のその姿を見て、むなしさや憤りを感じ、涙が止まりませんでしたけれど、もう一人の優しい父の言葉を聞いた時には、自分は愛されている事に気づき、心が安らぐのを感じました。
この間、セラピー中は目を開いたり閉じたりしながらでしたので、意識は普通にあり、タキさんと話をしながら進んでいった感じでした。
(NLPという心理療法とヒプノセラピーを織り交ぜながら進んだそうです)
そして私がそれまでいだいていた、父に対する怒りを思い切り吐き出し、
無意識に捕らわれていた過去の記憶から解放される為、イスを横にした時には、(注1)
恐怖感がスーッと小さくなり、自分が勝った!という気持ちが湧くと同時に、すごく気持ちが自由に、解放された感じがしました。
それから最後の最後に、タキさんに誘導されながら怖がっていた小3の自分自身を抱き締めてあげ、すぅーっと自分の中にその子が入って来ると、なぜか現在の自分に力が湧いてきました。
終了後、かなり泣いてしまったので目のあたりがボワ~ンとしている事を言うと、気功ヒーリングをしてくれ、額と頭に手を当てると温かさを感じながらも、頭の重たさが取れてスッキリしました。
その後、瞑想の時間もあり、目を閉じてゆったりと瞑想をした後には本当に頭がスカッとして、身体の緊張感が取れていて、音に対する嫌悪感が薄らいでいる気がしました。

今回のセラピーで大きく気づいたのですが、これまでの私が持っていた音に対する嫌悪感は、私が幼い頃、父と姉のケンカでドタドタと追い回したり逃げたりする二人の足音の気配も1つの要因であったのだということでした。
それから、父の怒りが自分に原因があると思ってしまっていて、子供だった自分が事実より大きく捉えていただけだったのだということがわかり、安心しました。
先日のセラピーでは音に関する何かを私の中に残していますが、音過敏の原因の1つが分かって少し安心もしました。
今度また、何かつまずいた時にはお手伝い頂けると心強いです。
どうもありがとうございました。

(注1)セラピーの中では様々な心理療法を使っており、この場合はお父さんについて、イスを使いこころを映し出して改善しています。