女性専門心理カウンセリング、母娘(おやこ)問題解決セラピー

タキトータルセラピーお悩み、問題解決の専門家

ご予約、お問い合わせの電話番号は054-374-3143です。受付時間9時から19時まで、火曜日定休です。

mark_brown_04.gifお客さまの声

  • お客様の声はご許可いただいた方のみ掲載しています。
  • 多くの方にお喜びいただいております。お客様の生の声をご紹介します。

私も心を丸裸にして真剣に臨みたいと思っています
「Kさま 50代女性 作家」
woman_reading.gif

<初回セッション後>
瀧本えり先生
本日はありがとうございました。

えり先生のおっしゃるとおり、前世に行く前に心理療法を受けることにして本当によかったと思っています。
自分では解決したと思い込んでいた数々の過去の怒り、恐れ、悲しみ、これからまだまだ出てきそうです。

帰りの電車の中で、過去に自分を傷つけた忘れようとしていた出来事が色々と浮かんできました。

惨めになりたくない一心で、おちゃらけたり、相手を軽蔑したりしてその場をやりすごし、
傷ついた自分の内面は置き去り状態、今まで如何にないがしろにされてきたことか。

やはり これらの過去のかわいそうな私を見捨てて先に進むわけにはいきませんよね。
今日の有意義なセッションでの気づきにとても感謝しています。

これから地味で苦しい作業になるかと思いますが、一つ一つ大切に向き合っていくつもりでいます。
えり先生ありがとうございます!

私も心を丸裸にして真剣に臨みたいと思っています。

<Kさま50代 作家-2>

先日のワークがきっかけで
過去の未浄化のマイナスの記憶が
浮かんでは消えしています。

ここ半年間の
毎朝のポジティブっぷりも身を潜め
なん年ぶりかで頭痛と腰痛が出たり。

無意識に抱えている漠然とした不安や恐怖が
私をスピリチュアル祭りに導き、

無理くり「楽しく解決する近道」
を探していたようです。

この自分、ますます侮れないですね。

今は、自分も子育てで大変だったように

親も無理はなかったと腑に落ち、
気持ちが明るくなりました。

「本当に自分はこれまでのように
制作をやりたいのか?」と問うたり

他にやりたいと思ったある事で
将来をイメージすることもあり、

今の私は
「いろんなものになってみよう!」
と思っています。

<Kさま50代 作家-3>
きょうは小さいkちゃんとお話ししながら、手をつなぎおさんぽをしました。

青い空、路地のネコちゃん、嬉しそうに道すがら出会う色んなものに興味を示してしてくれましたが、
「母の気に入るようなコメント」をたまにしていることに気が付きました。

絵描きでもある母の絶対的なセンスを押し付けられ、自分の意見をことごとく否定されてきていた事。
今日まさに、自由で楽しいはずの私の制作活動が時として憂鬱に、臆病になる原因を見つけた!と思う瞬間でした。

『私はママに ほめられたい。』

・・・本当にヤバい事に気がついてしまいました。

私は今まで母の審美眼に基づいた作品を制作し続けてきたのでしょうか。
いや、全てそうではないけれど・・・大いにそういう部分ありです。
これを捨てなくては。

ああ、もう今までのようなレベルの作品を作れなくなってしまうかも知れませんが、かまうもんか!です。

いつの日か、生き生きとした小さなkちゃんが、無心で楽しく自由にお絵かきができるようになるまで、私はへこたれずに、この微かに光を取り戻しつつある大事な小さな存在を守り、愛します。

このセッションをとおして確認した、心の奥にあ ったカっチカチな氷と、その中の小さな私の存在。

もうすぐそこに来ているやわらかい春の光で私の中の氷も融けはじめる予感いっぱいのすてきな午後のおさんぽでした。

えり先生、本当にありがとうございました。


<Kさま50代 作家-4>

こんにちは。
眼に映る桜の花がこんなに愛おしく思える春は初めてです。

セラピーのおかげで自分との付き合い方が上手になったなぁと実感する今日この頃。
こうあるべき。こうしなきゃ!という気持ちが無くなりました。
エリ先生に感謝しています。

今朝初めて自分の子宮の声を聞きました。
目覚めたベッドの中でふと、過去の破茶滅茶な私を思い出し、お腹に手を当てて
「今まで散々酷使してゴメンね」と声をかけたら

『一生懸命だったんだから、あれでよかったんだよ』と愛溢れる答えをもらえました。
ああ、なんて優しいんでしょう 泣。

カッコばかり気にしていた私の中心で、
そんな私と共にずっと頑張ってくれていて、丈夫なひとり息子まで産ませてくれました。
私の強くて偉大で優しい子宮に感謝しかありません。

きっとかわいい桜色をしているであろうこの愛しき臓器を誇りに、
今世この春のような楽しい女の人生を全うしたいと強く思うのでした。

それと、これ前回申し上げたかもしれませんが、
なんと私
憧れの(?)
「飛天の間」で歌って踊ることになりました 笑。
しかもあの「齋藤ひとり」の目の前で 笑。

願った形とは微妙にズレはありますが、とにかくセラピーのおかげで、夢の現実化が加速していることに驚いています。

しかもいとも簡単に自然な流れで!
つくづく宇宙って面白いなーと実感しています.

<Kさま50代 作家-最終回>

こんにちは!
今思うと素晴らしいタイミングでエリ先生のセッションを受けられたんだなぁと感じています。

本当に全ては完璧に回っていますね!
ありがとうございました!

これと言った悩みは特にありませんでした。
全ての問題は自分の意識を切り替える事で「無い事」に出来ると思っていたからです。
しかし、当時は作家として自分の制作活動に対しての気持ちがぐらついている時期でした。

「自分の過去世を知りたいなぁ。」などと思い始めたそんな中、
ふと「ヒプノセラピー 静岡」でネット検索をかけ、
一番に出てきたエリ先生のホームページを見て「これだ」と直感し、早速申し込みをしました。

その時の私を車で例えると、耳障りなエンジンノイズを微かに感じながらも、
そんなものは無い事にしてアクセルをふかし、
車窓に次々と現れるポジティブでスピリチュアルな魅惑の世界に目を奪われていた。
と言った感じでした。

当初はヒプノセラピーのみ施術を希望していたのですが、
エリ先生の勧めで先ずは自分の過去に封印されている
マイナスの意識に向き合ってから先に進む方針に決定しました。

正直苦々しい心持ちで始まった、
「怒られてばかりで思い出したくもない幼少期の自分」と出会うワーク。

カチカチの氷の中に言いたい事も言えず悲しい思いをしていた幼い日の私を見つけ、
初めは戸惑いつつ恐る恐る声を掛けました。

そして徐ろに手を繋ぎ、共感し始め、泣き、抱きしめ、笑い、一緒に遊びました。

初めはぎこちなく、喉の上だけで言葉を掛けていましたが、次第に心から素直に声が出せるようになりました。
「今までほったらかしにしててごめんね。」
「ぜんぜん悪い子じゃなかったんだよ。そのままで大好きだよ!」

エリ先生からの宿題で、
毎日一緒に遊んで、膝の上に乗っけて抱きしめて可愛がってあげているうち、
幼い私は日に日に表情が柔らかくなり、
気がつけば私の心と顔つきまでもが、とても穏やかになっていきました。

今まで軽んじられてきたちっぽけな私に生まれて初めて注がれた優しい光。長年の固い思い込みが外れた瞬間でした。
あのエンジンノイズは幼い私のすすり泣きだったのでしょう。

ずっとスピードを上げて走り続けてきた車を路肩に停め、私は幼い私と手を繋ぎ、
陽の当たる春の小径を仲良く、のんびりと一緒に歩き始めました。

「kちゃん大好き♪」
今ではその小さな私は私の中に優しく溶け込んで、はじけるような笑顔を見せてくれています。
「いっしょにお絵描きしようよ!」
その時作ったピンクのドラゴンの作品はネット上で多くの人の反響を呼びました。

ヒプノセラピーで出会った過去世の私は、やはりアーティストでした。
最愛の妻を亡くしつつも、その悲しみを神への祈りに昇華させ、
彼が真心を込めて作り上げたのは小さな教会の見事なステンドグラスでした。

美しい色とりどりの光がそこへ集う人々の心に安らぎを与えていました。
愛と信仰を胸に、ひたむきに作品を作り続けた立派な生涯でした。

今世クリスチャンでもない私となぜか縁のある教会に関連した数々の出来事や、
何度抑えても湧き上がる作品制作意欲は、
永遠に続いている私の魂の中に刻まれた彼の真心があったが故と知りました。

今後の私の制作活動に強力な心の支えとなる過去の素晴らしい私に出会えたことをとても有り難く、嬉しく思います。

エリ先生のセラピーを通して、私は過去も未来も内包した「今ここ」で、涙があふれるほど愛おしい本当の自分に出会えることが出来ました。

辛い時はいつだって戻れる私の本当の居場所。揺るぎない味方。大切な私。

私の永遠の魂。…呟くほどに胸の奥から愛と歓びが湧き上がってきます。
生きているだけで幸せです。
そしてこの世界は自分が創っているんだという最強の嬉しい事実。

最近たて続けにすんなりと夢が叶っていることがそれを証明してくれています。
宇宙の法則は本当でした。

暖かな春の日差しがとっても心地よい今日。
今年も早々とやって来た一羽のツバメに出会いました。

命そのまま自由に大空をくるくると飛び回り歓喜のさえずりを響かせているその姿に、
かつて感じたことのない程の親近感と一体感を覚え、ニッコリと青空を仰いでいる私がいました。

「生きているだけで幸せ!!」

この度、素晴らしい気づきを下さったエリ先生のセラピーに心より感謝しています。
本当にありがとうございました。